交通事故なら接骨院 岐阜 むち打ち治療なら鍼灸/h1>

HOME > むち打ちQ&A > 温シップと冷シップ それぞれの効果は・・・・・

岐阜の交通事故専門の接骨院

岐阜で交通事故後遺症・むちうちでお悩みの方はこちら!

www.bo-ne.com

訪問専門のリハビリマッサージ

杖・車椅子をご利用の方など往診専門のリハビリマッサージ

www.hoken28.com/


by HIMAWARI


温シップと冷シップ それぞれの効果は・・・・・

しっぷ.jpg
むち打ち症になったとき、どっちのシップが効果的?

交通事故に遭遇しむち打ち症になった場合、シップを処方されるケースが多いです。しかし、シップには冷シップと温シップの2種類あり、どちらが良いの分からないです。

ではどちらのシップを貼ればいいのか?交通事故に遭いむち打ち症になった当日から一週間辺りで、首に腫れや熱が起こっている時には冷シップを貼ります。症状が慢性し、筋肉がこわばったいたり凝り固まった場合は温シップを貼ります。
シップは皮膚にかゆみが見られたり、かぶれを起こしたりします。皮膚の弱い方、長時間の貼付に気を付けて貼りましょう。

私たちは、むち打ち症を長引かせないために様々な治療で痛みを緩和し、治療に導きます。

むち打ち治療に特化した治療院をお探しなら、田原接骨鍼灸院にお任せ下さい。

058-294-0757
お電話頂きましたら、即対応致します。


むちうち、交通事故後遺症でお悩みの方へ

岐阜市 むち打ち画像

岐阜の交通事故専門の接骨院

岐阜で交通事故後遺症・むちうちでお悩みの方はこちら!

www.bo-ne.com

訪問専門のリハビリマッサージ

杖・車椅子をご利用の方など往診専門のリハビリマッサージ

www.hoken28.com/


by HIMAWARI


PageTop

無料相談
患者さんの声

更新情報

会社概要

会社概要

田原接骨鍼灸院

住所:〒502-0852

岐阜県岐阜市南蝉1-34

電話/FAX:058-294-0757

関連サイト