交通事故なら接骨院 岐阜 むち打ち治療なら鍼灸/h1>

HOME > 治療方法 > ADEの使い方

岐阜の交通事故専門の接骨院

岐阜で交通事故後遺症・むちうちでお悩みの方はこちら!

www.bo-ne.com

訪問専門のリハビリマッサージ

杖・車椅子をご利用の方など往診専門のリハビリマッサージ

www.hoken28.com/


by HIMAWARI


ADEの使い方


ADEの使い方

①AEDを傷病者の横に置く

AEDは機種・タイプにより多少ことなりますが、ケースから本体を取り出すかふたをあけてください。

②電源を入れる

本体に電源ボタンがあるので、そのボタンを押します。
※中には、ふたを開けると自動的に電源が入るものもあります。

電源が入ると、音声メッセージの指示に従ってください。

③電極パッドをはる

まず、傷病者の衣類を取り除き、胸部を裸にします。
電極パッドの袋・シールを外し、パッドに書かれた絵に従って取り付けます。
このときなんらかの理由で絵の位置につけることができなくても心臓を挟むようにとりつけられればいいです。
電極パッドを取り付けた後、パッドのケーブルを本体の差し込み口に接続してください。
※中には、最初から接続されているものもあります。

パッドの取り付け時の注意

・濡れている→AEDに付属してあるタオルでよく拭き取る
・貼り薬がはってある→はがして薬剤をきれいに拭き取る
・ペースメーカーがある→パッドを3㎝以上離れた位置に取り付ける
・金属類を身につけている→取り外す、取り外しが困難な場合は、なるべくパッドから遠ざける
・体毛が濃い→AEDに付属してある胸部剃毛用カミソリで処理する

④心臓の動きを解析

電極パッドを取り付けると、音声メッセージで「傷病者から離れてください!」と流れます。このメッセージが流れたら、傷病者から離れるように指示し、誰も傷病者に触れていないかを確認します。

AEDはこの解析で、傷病者に電気ショックが必要かを判断します。

⑤AEDが電気ショックが必要と判断した場合、音声メッセージが流れ、電気ショックの準備に入ります。

準備が完了すると「徐細動ボタンを押してください」などの音声メッセージが流れるので、そこで再び傷病者から離れるように指示し、誰も傷病者に触れていないかを確認してからボタンを押します。

⑥AEDの指示に従う

機種・タイプによって指示の内容が多少違う場合もありますが、使用するAEDの指示に従うようにしてください。

徐細動の後やAEDが「電気ショック不要」と判断した場合は、すぐさま心肺蘇生を行います。

救急車が来たら、救急隊員に傷病者の倒れていた状況、施した応急手当、徐細動の回数などを報告し、その後救急隊員の指示に従ってください。

心停止後、徐細動を行うまでの時間が1分遅れるごとに、蘇生率・救命率は10%も低下することをご存知でしょうか?

5分が経過すると蘇生率・救命率は50%・半分にまで下がります。

ところが、日本では救急車が現場に到着するまでにかかる時間は、およそ6分といわれています。

そのため、そばにいる人が、近くにあるAEDを使用して、一刻も早くAEDによる徐細動を行う必要があります。


むちうち、交通事故後遺症でお悩みの方へ

岐阜市 むち打ち画像

岐阜の交通事故専門の接骨院

岐阜で交通事故後遺症・むちうちでお悩みの方はこちら!

www.bo-ne.com

訪問専門のリハビリマッサージ

杖・車椅子をご利用の方など往診専門のリハビリマッサージ

www.hoken28.com/


by HIMAWARI


PageTop

無料相談
患者さんの声

更新情報

会社概要

会社概要

田原接骨鍼灸院

住所:〒502-0852

岐阜県岐阜市南蝉1-34

電話/FAX:058-294-0757

関連サイト